様ざまな業界で価格破壊がおきていますがわたし達消費者にとってはありがたいものでもあります。
ですが企業にとっては生き残るための利益を薄くする必要があり体力の差に負けたことで倒産になる企業も少なくはありません。
良いものは高額な価格がするのは当然ですが安価なもので便利なものも多く販売されていますね。
はんこも業界でも価格破壊がないとは言えません。
素材に工夫をすることで消費者へ安く良いものをと日々努力しているようです。
大量生産されたはんこから職人さんが手彫りで仕上げたはんこまでいろいろありますが金を使った素材や希少価値のある素材で作られることがはんこには多く比較的高額な価格で販売されていますね。
日本は世界でもはんこの需要が多い国と言えますが需要の増大と比例して商品も変化してくるのが日本の特徴でもあります。


そして実印や銀行印にはあまり安価なものではなく少しでも良いもので価格も高額なものが望まれ必要なものには高額な支払いをするという習慣もあるのではないでしょうか。
銀行印はみなさんの大事な財産を守るものの一つであまり安価なはんこでは不安も付きまとい安心してしまっておくことができません。

このおうに用途によって使い分け重要度によっては高額なものでもしかたないという考え方が日本人にはありますね。
これは決して間違ったことではなく銀行印のようなはんこには必要最低限の機能を持ったはんこが必要だと思われます。
あまりにも安価なはんこで済ませることで後々高くつく例もあるのです。