最近のお店は専門店が少なくなってきたと思いませんか。
総合販売施設といったようないろいろなテナントが入っている大型のお店が出来て便利ですね。
そしてテナントで入っているお店が専門的知識もあるのでとても利用しやすいと思います。
駐車場の施設なども完備しているため小さいものから大きなものまで一か所で購入できるのは助かりますよね。
昔は複合施設のようなものはなく商店街と言われ各専門店が並んでました。
日本の風景とも言える商店街は現在少なくなる一方でシャッター街などと呼ばれるようになってしまいました。


少しさみしい気もしますが消費者が便利で安いものを望むようになって大型店舗へ行くようになり商店街の専門店が経営できなくなってしまったのです。
はんこを取り扱う専門店も少なくなり探すのが大変なほどになってしまいました。
またインターネットの普及で専門店へ直接行かなくても購入できるようになったことから店舗を無くし維持費を削減する業者も出てきたようですね。一時インターネットが現れたころにインターネットでショップを開くことで世界中のお客様を相手にできるなどと言われていましたが誰しもが簡単に開設できるネットショップにはライバルも多く直接顔が見えないことからデメリットも多いと感じます。
そして世界中のアクセスを多く集めることは困難でローコストではありますがローリターンのような気もします。
昔ながらの日本の風景がなくならないよう個人でやっているようなはんこ店を利用してあげてくださいね。